不思議キュリオシティー

「無知の知ノート」別冊

「ウバール」実在した伝説の都 衛星画像と乳香と

 f:id:hentekomura:20191019140115j:plain

 

衛星画像が大きな役割を果たし

砂漠に埋もれた幻の都が発見された

  

ウバール(Ubar)

語り継がれた伝説の都は実在した 

 

〇 衛星画像と考古学の合体 

コーランやアラビアンナイトに記述される「幻の都」が 

実在するのか否か 

1983年 考古学愛好家のニコラス・クラップは 

アラビア半島の合同調査をNASAに持ちかけた 

 

〇 ルブアルハリ砂漠 

 

ルブアルハリ砂漠は 

サウジアラビア南部・オマーン・アラブ首長国連邦・イエメンの4カ国に広がり  

アラビア半島南部3分の1を占める長さ1000km 幅500kmという広大な砂漠 

(ザックリで申し訳ないですが赤い部分

f:id:hentekomura:20191019140136p:plain

こんな広大な区域の撮影を可能にするのが宇宙からの利点 

ちなみに   

サハラ砂漠にナイル川に匹敵する大河があったことも

宇宙からの画像によって解明されている 

サハラ砂漠に残る古代の岩絵に 

川で泳ぐ人や草食動物が描かれている  

 

〇 ウバール遺跡(オマーン) 

宇宙から画像を撮影  肉眼で見えない細部をデジタル処理 

そして 

川床の跡やキャラバンルートが浮かび上がった!  

f:id:hentekomura:20191019140222j:plain
f:id:hentekomura:20191019140231j:plain

左=デジタル処理画像 に 右=わかりやすく色付けしてみた 

 

キャラバンルートが交わる所 

そこには交易の都があったはず 

 

発掘が行われ 

ついに  発見された 

そこには  8本の塔と  高さ9mの城壁があった  

  

コーランの記述によれば  

「高い柱を持つ都」「砂に埋もれて滅んだ」とある 

 

科学者と地質学者による調査では  

町全体が 地下水脈が枯れて陥没したのだと考察した 

(絵ヘタだけど 左画→右画)こんな感じ

f:id:hentekomura:20191019140324p:plain
f:id:hentekomura:20191019140326p:plain

 

〇 乳香の交易路 

 古代ウバールは BC4世紀頃に乳香の交易で栄えたと考えられる

 

乳香とは? 

f:id:hentekomura:20191019140520j:plain
ボスウェリア属の樹木から分泌される樹液が固化したもの  

古代エジウトでも神聖な香として用いられた

 

この樹木は オマーン・イエメンなどアラビア半島南部や東アフリカなどに自生し  

この樹木を栽培して増やすことは困難なことから 

かつては同じ重さの金と取引されたという貴重なもの 

f:id:hentekomura:20191019140548j:plain
近年の研究で

この樹木は今後50年で90%減少すると予想され 

持続は不可能と考えられているらしい  

ーーーーーーー 

 

伝説だと思われていた都は 砂漠の中に埋もれていた  

地球上には まだまだ超古代文明の痕跡が眠っているかも? 

 

衛星画像によって解明されるかもしれない今後に 期待が膨らむ 

また何かわかればここに追記していきたい 

 

 
 
ご訪問ありがとうございました
感謝☆ 

f:id:hentekomura:20191019141436j:plain